MOTAIFUROSHIKIITEMDETAIL

問い合わせ

Consult with me on Maven

DIVERSITY Management

珠玉の6柄/日本の伝統文様の再現
韓国、麗水で開催中の2012麗水世界博覧会の会場でも販売されているグローバルな風呂敷です。


※こちらのページの表示価格は全て税別となります。

牡丹Japanese Peony2-1-002 - 宇宙の万華鏡に咲く牡丹

ペパーミントグリーン サーモンピンク
ペパーミントグリーン 
2,500円(税別)
(約78×74.5cm)
ポリエステル(テトロン)100%
サーモンピンク 
2,500円(税別)
(約78×74.5cm)
ポリエステル(テトロン)100%
「牡丹」は、花の豪華なことから中国では「百花の王」とされ、
富貴の象徴であった。日本では、江戸時代から、
襖絵、屏風、食器類等に「文様の王」のごとく用いられてきた。
枝葉など一切他の要素を省き、花弁のみをモチーフ化。
正円中に微細に牡丹を描き、それ自体が宇宙空間のイメージであり、
さらに全体構成配置を宇宙的空間に見る”万華鏡”のごとく表現。
また、四辺とも正対を成すスタイルでもある。

こんな時にオススメ:
豊かさの象徴、華やぎ
成人祝い、就職祝い、出産祝い、出産内祝い、
結婚内祝い、結婚祝い、長寿のお祝い

Blooming in the kaleidoscope of the Universe
Peony flowers are called “Queen of Flowers” by the gorgeous appearance.
They symbolize the position and wealth. In Japan,
peony motif is often used for the designs of “fusuma” doors,
folding screens and dishes like a “Symbol of Popular Designs”
since Edo Period in the 17-19th centuries.
Only the flower petals are used as the design motif eliminating all other elements
such as leaves and branches. Inside of the complete circle,
peony flowers are finely designed.
These peony flowers themselves are cosmic image and
when they are viewed in total as an image,
they look like a kaleidoscope existing in the Universe.
This design is symmetric from all of the four angles.

扇   Japanese Fan2-1-001 だらりの舞扇

ペパーミントグリーン サーモンピンク
藤色 
2,500円(税別)
(約78×74.5cm)
ポリエステル(テトロン)100%
金茶色 
2,500円(税別)
(約78×74.5cm)
ポリエステル(テトロン)100%
末広文とも呼ばれ、末が広がることから
吉兆の意味になぞらえ縁起のよい文様。
「扇面文」として、平安時代より草花や和歌など様々な柄を施し、
まるで名刺代わりのごとく使用された。
モチーフ要素は、模様柄装飾を排し扇の機能のみを克明に表現、
アレンジ化。京都、舞子の”だらりの帯“のイメージを扇に重ねて表現。
扇の角度換えとシンメトリックな配置構成のリピート化によって、
雅びであり、且つムーブバンス(動き)主張。

こんな時にオススメ:
お目出度い扇の柄です。
結婚式の引き出物、結婚式の引き出物包み、結婚内祝い、退職の記念品、
お年賀として、米寿のお祝い、長寿のお祝い、開店・開業などのお祝い、
創立などの記念品として

Hanging dancing fans
Japanese fan motif is also called folding-fan (divergent) pattern.
As it is narrowest at its source and broadest afar off, it is considered
as a propitious meaning so fan motif is an auspicious pattern.
“Japanese fan design” is used very frequently together with floral or calligraphic
patterns since Heian Period in the 8-12th centuries.
Element of design motif clearly expresses the function of fans avoiding decorative
patterns. “Hanging Obi” sashes worn by Japanese “Maiko” dancing girls’ images
are doubled over the fan images.
It expresses an elegant and dynamic image by repeating patterns of different
angles of Japanese fans and symmetric framework arrangement.

瑞雲   Auspicious Clouds2-1-003 果てしなく広がる雲海 瑞雲

モノトーン フューシャピンク
モノトーン 
2,500円(税別)
(約78×74.5cm)
ポリエステル(テトロン)100%
フューシャピンク 
2,500円(税別)
(約78×74.5cm)
ポリエステル(テトロン)100%
雲の文様は実に多く、また幾何学文との組み合わせなど様々ある。
「瑞雲」は日本では靈芝雲とも呼ばれ、中国ともども天象の中でも” 慶事“な
文様として扱われてきた。また水や霞同様、不定形な「雲」を形として
スタンダード化することは欧米では見当たらないのが興味深い。
同じ形の「瑞雲」を、外形有・無バージョンに使い分け、まるで「雲海」のごとく
パターン配置。欧米人には理解しづらい瑞雲の意味性を、
異なる物語に置き換えインターナショナルなものにした。
旅客機の窓から見る、果てしなく広がる雲海・・・
日本人的慶事な要素がロマンティックな要素に転化することに挑戦してみた。

こんな時にオススメ:
無限に広がる柄
新盆、法要、法事の返礼品、
還暦のお祝い、卒業祝い、
就職祝い、創立記念日のお祝い、
和のノベルティ

Endless field of clouds
Cloud designs are very popular and often combined with the various other patterns
like geometrical designs. “Auspicious Clouds” is also called “Flowing Clouds”,
and they are treated as a lucky design among the celestial phenomena patterns
as in China. Interestingly, it is not popular in the Western culture to standardize
a non-definite shape such as a “cloud” as a stylized design.
In this “Auspicious Clouds” design, same pattern is divided between the existence
or non existence of the external form, and is layout like a field of clouds. By
replacing the difficult meaning of the “Auspicious Clouds” for the Westerners
to the different stories, it transforms itself to an international story.
There is a endless field of clouds viewing from the window of an aircraft …
it is my challenge to transform the Japanese celebratory elements to
the international romantic elements.

麗水EXPOにて

2012麗水世界博覧会の会場で販売 2012麗水世界博覧会の会場で販売

モノトーン フューシャピンク
4000円(税別)
(約18×18x1.5cm)
5000円(税別)
(約21cmx21cmx1.5cm)

お問い合わせ  プライバシーポリシー 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。

Think Out Of The Case株式会社
150-0001 東京都渋谷区神宮前2-7-6-504
TEL: 事務所 03-3423-6565 ショールーム 03-5772-7255
FAX: 03-3423-6568
Email: mail@hospitalityjapan.com